スポンサーサイト

     --, -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    都市伝説 口裂け女

     18, 2012 00:00



    桜田ななみがこの街に越して来て、暫くが過ぎた。

    この街には、元祖都市伝説とも言うべき口裂け女が出没するといわれている。

    日々の仕事に追われて、ななみはその事を忘れていた。

    思いがけない残業を上司に頼まれ、その日は帰宅が深夜の1時を過ぎていた。

    いつものコンビニに寄って夜食を買い、ななみは家路に着いていた。

    折り悪く雨が降り始め、雨よけに街路樹を利用しようといつもは通らない公園を

    ななみは足早に歩いていた。

    ほの暗い公園の遊歩道の脇にレインコートの女性を見かけたのは、あと少しで

    公園を抜けようとしていた時だった。

    さすがに気味が悪く足早に通り過ぎようとした、まさにその時・・・・


    「こんばんは・・・・」


    レインコートの女性が声を掛けてきた。

    ななみは後ろを振り返る勇気がなかった。

    しかしながら、そのまま立ち去る事も出来ずその場に立ちすくんでしまった。


    「こんばんは・・・・」


    再びレインコートの女性が声をかける。


    「こんばんは・・・・」


    立ちすくんだままななみは応えた。


    「ななみさん・・・・」


    ・・・・・何故!私の名前を知っているの!・・・・

    ななみは恐怖に身が竦み声がでなかった。


    「ななみさん。傘貸しましょうか?」


    その言葉に、思わず振り返って女性を見たななみは口裂け女の都市伝説を

    瞬時に思い出すことになった。


    「ぎゃーーーーーーーーーーーーー!」


    声にならない叫び声をあげた。


























    「こんばんは。ぬれちゃうわよ・・・」


    笑い掛けていたのは、お隣の岸田今日子さんだった。



    閑話休題




    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。
    スポンサーサイト

    Tag:*

    番町皿屋敷

     06, 2012 07:00

    私はごく普通のアラサー女子・・・

    人並み外れて美しいワケでもなく、逆に人並み外れてブスでもない。

    性格も他人から尊敬を集める程良くもなく、かと言って他人から恨まれる程には悪くない。

    そんな私なので、人が羨む人生を送って来た訳ではない。

    ごく普通の大学を出て、ごく普通の会社に就職して、ごく普通に過ごして来た。

    趣味と言える程の趣味は無いし・・・

    まあ、唯一の趣味と言えば貯金くらい・・

    それだって通帳に6桁、7桁の数字が並んでいる訳ではなく・・・

    これまたごく普通の数字が見て取れるだけだ。

    恋愛だって全然して来なかった訳では無い。

    これまたごく普通に出会いと別れを経験した。

    しかし・・・流石に30を目前にして、今回の失恋は堪えた。

    沈みがちの気分を変えるために、貯金が趣味の(笑)私が久しぶりに大奮発して引越しを決めた。

    あちこち探し回って一件の不動産屋に行き当たった。

    今流行りのAKB48を意識したような名前・・AKB不動産だった。

    とても人当たりが良い社長さん自らが案内をしてくれたマンションは番町にあった。

    少し古めの4階建てのマンションだった。


    「ここは少々古めのマンションですが、賃料がとてもお得になってます。」


    「・・・どうしてですか?何か訳でも?」


    「イヤイヤ・・・大した理由がある訳では無いんです。ただ・・・隣に・・」


    「えっ?隣に・・・何ですか?」


    「ええ・・・あの~・・怪談話とか信じちゃいますか?」


    「・・・いえ・・・そういうのはあまり・・・」


    「そうですか!安心しました。・・・別に幽霊が出るとかじゃなくて、ただ単に隣があの有名な番町皿屋敷・・ってだけなんです・・・」


    「ああ・・・でも、本当に幽霊とかが出る訳じゃないんでしょ?」


    「勿論ですよ~!この時代に幽霊なんかいやしませんって!」


    「だったらいいんですけど・・・やっぱり、本当に出るっ・・・って話なら嫌ですからね~」


    「ハハハ・・・そんな所紹介しませんって・・・と云う訳で、とてもお得な物件になっているんです。この辺の相場の半分です。」


    「そんなにお安いんですか?」


    「ええ・・大家さんが諦めちゃってまして・・ハハハ・・本当にお薦めです。」


    見せて貰った部屋を私は一目で気に入った。

    日当たりは抜群だし、リフォーム済の部屋はまるで新築・・・

    近くにスーパーやコンビニなんかも有り、あって欲しくない幼稚園や学校も無い。(だって、朝、夕の登下校時はとてもヽ(`Д´)ノウルサイゾ!って事は以前経験済み)


    「決めます!ここ、お借りします!」


    「・・・そうですか~~!ありがとうございます!」



    そう云う訳で私の気分転換のお引越しはあっさり決まった。


    だが・・・・私は騙された・・・

    出るのだ・・・私は今まで信じて来なかった・・・幽霊なんて・・・

    でも、本当にいた・・・・

    毎晩、丑三つ時になると隣の屋敷から聞こえて来るあのフレーズ・・・・

    物悲しい女の声で・・・・


    「1 ま~~~い、・・・・・ 2 ま~~~~い・・・・ 3 ま~~~~~い・・・」


    私は速攻不動産屋に抗議の電話を掛けた。


    「騙したでしょ~~!!幽霊出るじゃないですか~~~~!」


    「えっ?その部屋にですか?」


    「いえ・・・この部屋にではないですけど・・・」


    「だったら・・・私の知った事じゃないですね!私はその部屋を紹介しただけですから・・・」


    「そんな~~~酷いじゃないですか~~~!正直者が馬鹿を見るってことですか~!」


    「まあ・・・うちはちゃんと看板に掲げてますから!A あんたが、Kきっと、B馬鹿を見る・・AKB不動産って・・・・」


    「そ、そんな~~~~!許さない!」


    「別にご勝手に!」


    ガチャ!プ~~~~~~・・・・


    「ちょっと!・・・・・」



    完全に騙された・・・・

    でも、そう簡単に引っ越す訳にはいかない・・・

    唯一の趣味の大切な貯金を失ってしまうから・・・・



    そして今夜も聞こえて来るフレーズ・・・・


    「1 ま~~~い・・・・ 2 ま~~~~い・・・・ 3 ま~~~~い・・・」




















    でも、私は全然平気!


    だって・・・・毎晩一緒に数えてるもん!


    1 万円札を・・・1 ま~~~~い、2 ま~~~~い、3 ま~~~~い・・・


    だって・・・貯金が唯一の趣味だもん!エヘッ(((o(*゚▽゚*)o)))



    閑話休題




    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    Tag:*

    君の名は

     09, 2012 19:00

    その日は仕事が立て込んで、1日中あちこち飛び回りクタクタだった。

    適当に夕食を済ませシャワーを浴び、一杯引っ掛けテレビを眺めていたらウトウトしてしまった。

    ふと目を醒ましテレビをみると、砂嵐…。

    なんだか懐かしい。最近は見た事があまりない。


    「珍しいな…。」


    一人言を呟いていた。


    「いかん!一人言、言う様になったら末期症状だ。」


    と、また一人言。

    ちょっと凹み気味で残っていた酒を飲み干した時、突然テレビに女の子が映った。

    誰だこの子?

    女の子は自分でカメラをセットしてソファーに座り徐に話し始めた。


    「おはよう… こんにちは… こんばんは… いつ見てるか分からないから、挨拶、全部。…。」


    なんだ、こりゃ?


    「今日は… とっても疲れたのです… お仕事きつかったのです… でもぉ… とっても、充実なのです。」


    はあ?


    「ぷっ!」


    思わず吹き出してしまった。

    その後も、その可笑しな放送は続いた。

    ただ、変な事にその番組は、数分単位で終わりと始まりを繰り返し続けた。

    いつの間にか僕はその番組の虜になった。

    夜中で酒も入っていると云うせいかもしれないが、兎に角可笑しい。

    テレビに釘付けなんて久々だった。


    「あ~、面白れー!」


    また、つい一人言。


    「ありがとうなのです…。」


    突然脈絡もなく、テレビの中の彼女がニッコリ微笑んで言った。


    「えっ?嘘だろ!まさかな…。」


    まさか、僕の一人言に返事をした訳ではあるまい。


    「何が… 嘘、なの… 分からない… から、教えて欲しいのです…。」


    「えーー!テレビが返事した!」


    頭がイカレちまったのか…。


    「ぷぷぷ… なのです… テレビは返事しないのです…。私が返事したのです…。」


    「有り得ない。」


    「それが、あるのです…。」

    即座に彼女が答える。

    この事態をどう理解すればいいのか…僕は混乱しまくった。


    「大丈夫なのです…。」


    何が大丈夫なのかさっぱり解らない。

    しかし、実際にテレビの中の彼女は僕に話しかけているのだ。

    異常な事態ではあるが、ちょっと酔っ払っていたせいもあり…。


    「ま、いっか!」


    「そうです…。いいのです…。」


    彼女が微笑む。

    よく見るとかなり可愛い子だ。

    ラッキーなのかも知れない。

    思い切って聞いてみた。


    「君の名は?」


    ・・・・・・・突然彼女がテレビから這い出しながら答えた。









    「貞子!」




    ひぇーーーー !



    Tag:*

    春の怪談

     14, 2012 19:00

    市立病院心臓外科病棟

    ナースステーションを挟み病室は9室。

    私は、7号室に入院している。

    病院の夜は、下界とは違い早く始まる。

    夕食が6時に運ばれてくる。

    さすがにこの頃は慣れてきたが、最初は全く食欲がわかなかった。

    食事が済むと7時に検温と問診。

    ナースを軽くからかって、しばしの休息。

    そうこうしていると、あっという間に9時。消灯の時間だ。

    まあ、軍隊ではないからある程度勝手に過ごしているが…。


    ある日、私はふと目を覚ました。

    枕元の時計を見ると、深夜2時。

    丑三つ時だ。



    【コンコン!】



    ノックの音がした。

    一番端の1号室からのようだ。



    【コンコン!】



    ふと気付いた。

    ナースはノックをしない。

    誰だ?



    【ギィー…バタン!】



    えっ?

    バタン!って…

    この病棟は全てスライド式ドアで開閉式ドアはないはずだ。



    その日は不思議に思いながらも、そのまま寝てしまった。

    次の日の朝、1号室の患者が死んだ事を知っても、その時は気の毒に思っただけで深くは考えていなかった。



    その日の深夜、また目が覚めた。

    時間はまた2時。

    丑三つ時だ。



    【コンコン!】



    また、ノックの音がした。

    今度は3号室辺りからのようだ。



    【コンコン!… ギィー…バタン!】


    まただ!

    私はさすがに気になり病室の外へ出た。

    ナースや医者があたふたと3号室へ走り込んでいた。

    私は背筋に冷たいものを感じた。



    次の日の朝、私はナースにその事を話した。

    しかし、思っていた通り全く相手にされない。



    その日は最初から眠れず、時計を見つめ続けた。

    2時。

    丑三つ時。



    【コンコン!】




    きた!

    私はベッドから飛びおき、外へ走り出た。

    廊下には、誰の姿もない…。



    【コンコン!… ギィー…バタン!】



    私は恐怖に怯え自室のベッドへ潜り込んだ。

    次の日、5号室の患者が死んでいた。


    この7号室は、今患者が私しかいない。

    今夜ノックの音がするのは、1.3.5ときている順からすると…。


    そんな…。

    まだ、死にたくない…。



    夜がきた。



    私は今日も眠れず、そのまま深夜2時を迎えた。



    【コンコン!】



    きた!

    嫌だ!嫌だ!

    死にたくない!

    誰か助けてくれ~!



    【コンコン!】



    私は…。

    頭が真っ白になった…。

    咄嗟に出た言葉は…













    「は、入ってます!」







    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    Tag:*

    誰かがそばにいる  1

     15, 2012 07:00
    川原香澄は夫のDVが理由で離婚し、5歳になる娘、香織を連れて函館にやって来た。

    函館は香澄が子供の頃、今は亡き両親と最後に旅行に来た思い出の地だ。

    香澄はその両親からある能力を受け継いでいる。

    霊感と呼ばれる類いの物だが、両親ほどの強さはなく、感じられる程度であった。

    しかし、それでもその能力のおかげで香澄は何度も救われている。

    オウム真理教の地下鉄テロ、秋葉原無差別殺傷事件、本当であれば香澄は両方の現場に居合わせた筈であった。

    いずれの日も朝の夢見が悪く体調不良で出掛ける予定を取り止めた。

    勿論、周りには内緒の話しだ。

    そんな話しは偶然で片付けられてしまう筈だし、逆に信じる人には、気味悪がられて付き合いに支障をきたしかねない。


    函館に転居する為、香澄は転居先の物件を入念に選んだ。

    以前住んだマンションで怖い思いを味わった経験から住居選びには慎重になったからだ。

    何軒もの不動産屋を歩いて回った。

    予算に限りがあった為、新築物件は諦めざるを得ず苦労したのである。

    中古の物件は、玄関に入った瞬間に背筋がゾッとするものが多かった。

    不動産屋が如何に隠そうとも香澄には通用しない。


    「川原さん、ここで最後です…。この物件は賃料がかなりお得ですよ。」


    そう言われて連れて来られたマンションは、見るからにかなりの築年数が見てとれる古びた物件だった


    「見た目は悪いですが、内装はリフォーム済みで新築同様になっていますし、4階建てでエレベーター付は珍しいですよ。
    まあ、賃料がお安い理由はただ一つ、裏に墓地があるからなんですが…。
    それ以外は、近所にスーパー、コンビニ、学校、全てありますし立地として文句なしです。」


    香澄は墓地と云う言葉に微かな不安を感じたが、マンションの外でも、案内された部屋でも、嫌な感じは感じられなかった。

    逆に眼前に広がる墓地の為、ベランダ側の日当たりは最高で、墓地を除けば眺望も遠方まで見渡せてこちらも最高だった。

    掘り出し物だ。


    「ここに決めます。すぐに越したいんですけど、大丈夫ですか?」


    「あ、ありがとうございます!・・・勿論大丈夫です。明日からでもお住まいになれますよ。」


    少々大袈裟な位、不動産屋の案内人が喜ぶので香澄は苦笑した。

    しかし、案内人がこれほど喜ぶ理由には、無念にも気付く事が出来なかった。

    香澄と香織、恐怖の日々が始まろうとしていた。


    つづく



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    Tag:*

    誰かがそばにいる  2

     15, 2012 19:00

    「ママ、ここが香織の新しいおうち?」


    香織が無邪気な声で明るく香澄に聞く。


    「そうよ~。新しいおうち。ママと2人で暮らすの。」


    「うん!ママと2人がいい!」


    香織は幼いながらも、父が母に何をして苦しめ続けたか理解していた。

    父のいない暮らしは、香織にとって寂しさよりも安堵の気持ちが大きかった。

    香澄は荷物を運び終わりダンボールの片付けをしていた時に最初の違和感を感じた。

    4階建て5部屋…20世帯が住む筈のマンションであるが、エントランスのポストには投入口にほぼ全てテープが貼られていた。

    開いているポストは3つ。

    404、304、204…

    香澄の部屋が404号なので、全てその階下になる。

    一体どう云う事なのか…。

    香澄の胸に微かな不安が過ぎった。


    「下見の時には気付かなかった…。」


    「ママ、どうしたの?」


    香織の声で我に返りエレベーターホールへ向かった。



    (なぜ?)



    エレベーターが4階に上っていた。


    (そ、そうね…きっと4階には他に住んでる人がいるんだわ…。)


    自分で自分を納得させて、香織には動揺を悟られないように気を付けた。

    エレベーターのボタンを押す。

    しかし、しばらく経ってもエレベーターが動く気配はなかった。


    「ママ~。まだ~?」


    香織がしびれをきらせて香澄の袖を引く。


    「エレベーター、故障かなぁ~。階段で行こうか!」


    香澄はわざと明るい声で香織に答えたが、内心は動揺が抑えられなくなりつつあった。


    「わかった~!ママ、お部屋まで競走~!!」


    香織は言うや否や勢い良く駆け出した。


    「待って香織!危ないよ~。」


    香澄も後を追った。

    その直後背後でエレベーターが1階に降りドアが開く。

    香織を追いながら香澄は背後に何かの気配を感じ、思わず振り返った。

    だが、そこには空のエレベーターがドアを開けているだけだった。

    その時、香澄の足が何かに引っかかって香澄は思いっきり転んだ。


    「キャー!痛い!」


    香澄の悲鳴に香織が驚いて駆け寄った。


    「ママ、ママ、大丈夫?」


    「あ、うん…。大丈夫。ママ、転んじゃった。」


    「ママのドジ~。」


    「アハハ、そうだね~」


    明るく笑ったが香澄は恐怖におののいた。

    足元には何一つなかったから…。

    確かに何かに引っかかって転んだのだ。

    一体何に引っかかったのか…。


    「香織、早くお部屋に帰ろうね…。」


    その顔は青ざめていた。


    つづく




    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    誰かがそばにいる  3

     16, 2012 07:00

    香織の手を引き急ぎ足で自室のドアを目指した。香澄は背後の気配に確信した。

    新居選びに失敗したのだ。

    しかし、今の香澄に再度の転居資金はなく少なくとも数ヶ月はこの部屋に住まざるを得ない。

    それまではなんとか香織に、怖い思いをさせずに済む事を祈るしかなかった。

    その日の夕刻、階下の住人を転居の挨拶で訪ねた。

    チャイムを何度か鳴らすが応答なし。だがドアから明かりが漏れている。

    留守の筈はないと思いつつも諦めて帰ろうとした時ドアの中から声がした。


    「だ、誰?」


    明らかに怯えを含んだか細い声。


    「あ、初めまして。今日、上の404号に引っ越してきました川原といいます。引っ越しのご挨拶に伺いました。」


    ゆっくりとドアが開いた。

    ドアの中には50歳くらいの鬱々とした表情を露わにした女性がいた。


    「こんな所に引っ越して来たのかい…。悪い事は言わない。さっさと余所へ引っ越しし直しなさい。」


    「えっ…。それはどう云う事ですか?ここは何かあるんですか?」


    「… 私は何も知らないよ。… それじゃ、…。」


    明らかに怯えた目で周りを見回し、そのあとは取り付く暇もなくドアを閉めた。


    「あ、これ…。」


    香澄は手にした引っ越しの挨拶の菓子折りを差し出したが、既にドアの近くには人の気配はなかった。

    仕方なく菓子折りの袋をドアノブに掛け帰ろうとして、2.3歩歩いた時、香澄は住人の名前を確認し忘れた事に気付いた。

    慌てて表札を確認しようと振り返った瞬間、香澄は全身の血の気が引いた。

    たった今ドアノブに下げた菓子折りが消えていた。

    ドアが開いた気配も音も…何も感じなかった。

    背筋が凍りついた。

    香澄は一目散に自室を目掛けて駆け出した。

    その背後にまたあの気配を感じた。

    私の後ろに誰かがいる。

    あまりの恐ろしさで振り返る事が出来ない。

    必死の思いで自室のドアまでたどり着いた。


    しかし、香澄のすぐ後ろにはあの気配がついて来ていた。




    つづく




    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    誰かがそばにいる  4

     16, 2012 19:00

    香織の手を握りしめ玄関に入った瞬間、さっきまでは感じなかった背筋がゾッとする

    感じが香澄を襲った。

    香澄は確信した。


    アイツが中にいる。


    香織とダイニングキッチンに入ってテーブルを見た時、香澄の確信が絶望に変わった。

    テーブルの上に、ついさっき階下の住人へ挨拶のため持って行き、ドアノブに掛けた

    筈の菓子折りが置かれていた。


    「ママ、どうしたの?香織、おててが痛いよ~。」


    「あ、ごめんね…。ママ、強く握っちゃったね。」


    出来るだけ平静を装ったが、さすがに香織もいつもと違う母を感じたようだった。

    香織と話しながらも香澄は背中に気配を感じ続けていた。


    恐怖が全身を支配した。


    「ママ、ご飯食べようよ~。」


    そうだ、私は母なのだ。この子だけには怖い思いをさせてはいけない。

    香澄は震えながらも食事の支度に取り掛かった。


    食事を終え香織を風呂に入れ終わると、早々に寝かしつける。

    一時たりとも香織のそばを離れられない。

    悲壮な思いであの気配と闘っていたが、引っ越しの疲れも重なりついウトウトしてしまった。

    耳元でカサカサと云う物音がして香澄は飛び起きた。


    「来ないで~!!」


    我を忘れつい大声を上げてしまった。


    「ママ、どうしたの?」


    香織がビックリして母にしがみつく。


    「あ、ごめんね…。ママ、ちょっと寝ぼけちゃったみたい…。」


    「ママ、大丈夫?どっか痛いの?」


    幼い我が子の言葉に涙が出そうになったが、香織をそっと抱きしめながら辺りを素早く見渡す。

    少しだけ、あの気配が遠のいた気がしたが、香澄はそれから一睡も出来なかった。

    翌朝起きてキッチンに立った香澄を待っていたのは、新たな恐怖だった。

    洗って片付けたはずの食器が全部シンクに浸かっていたのだ。


    神様お願いします!助けて下さい!!


    神に願いながらも、香澄はその願いは届かない事を知っていた。

    今まで何度も同じような経験をして来たが、一度たりとも消えてなくなる事はなかったのだ。

    自分で解決するしかなかった・・・・


    朝食を済ませるとすぐさま香織を幼稚園に連れて行った。

    そうして、香澄自身は近くのコンビニへ向かった。

    コンビニにたむろしている若者達に話しを聞く為に。

    経験上こういう話しの類いは近所の人達の口が重くなる。

    若者達の噂話しは、話し半分だが真実が含まれている場合があるのだ。


    「ごめんなさい。ちょっとお話し聞かせて貰えるかな?」


    つづく




    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    誰かがそばにいる  5

     17, 2012 07:00

    「ごめんなさい。ちょっとお話し聞かせて貰えるかな?」


    コンビニの前で、はしゃいでいる若者達に声を掛けた。


    「な~にィ?オバサン」


    香澄はいきなりオバサン呼ばわりされて面食らったが、この子達から見れば香澄はオバサンに分類される年齢なのだろう、と納得して苦笑しながら質問を続けた。


    「向こうにあるあのマンションなんだけど、何か変わった噂とか聞いた事ないかしら?」


    若者達の顔色が一瞬にして変わるのがわかった。


    「オバサン、何でそんな事聞きたいの?」


    香澄はあらかじめ考えていた口実を口にした。


    「あ、それはね、今度地元のタウン誌を作ろうと思ってるんだけど、最初の目玉企画に噂話の真相って云うのをやろうと思ってるの。

    それでちょっと怖い噂話を聞いたもんだから、本当の所はどうなのかなぁと思ってね。」


    「本当の所はって…ねぇ…。」


    若者達は顔を見合わせて誰かが話すのを待っていた。

    自分が話すのを嫌がっていたのだ。

    香澄は驚いた。

    今まで何度となくこういう質問を若者達にしていたが、今まではみな我先にと話し始めていたのだ。


    「お願い、教えて貰えない?少しだけならお礼も出せるから…どう?」


    リーダー格らしき男の子がやっと口を開いた。


    「まあ、噂だけどさ…。あの墓場マンションはさ…。」


    墓場マンション…まあよくある例えかもしれないが、香澄は流石にいい気持ちはしなかった。


    「とにかく、なんかがいるらしくって…

    端っこから順に人がいなくなって…

    いなくなった部屋は全部なんかの住み家になってるらしいぜ。…なぁ、そうだろ?」


    「うん、私も聞いた事ある。空いてる部屋の壁は黒い染みがいっぱいだって。」


    「私も聞いた!住んでる人、寄ってたかって恐い目に合わせるらしいよ~。」


    香澄は驚いた。

    寄ってたかって…って!


    「そ、その何かってたくさんいるの!」


    「だって…ねぇ。裏から来てるんでしょう…あれ…」


    「えっ!アナタ見た事あるの?」


    「 いや、みんな見た事はないと思うよ。でも、ここら辺の奴はみんな一度は墓場マンションのそば、夜通った時に追い掛けられた事あんじゃねえかな。」


    リーダー格の子の吐き捨てた言葉が、香澄に昨夜の恐怖を思い出させた。


    「恐い目って、どんな事されるのかしら?」


    誰もが目を伏せてしまった。


    「もう無理!他の人に聞いて!」




    一体何をされるのか!



    香澄は震えが止まらなくなった。




    つづく




    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    誰かがそばにいる  6

     17, 2012 19:00

    若者達に話しを聞いた後、取りあえず仕事に向かった。

    休んでいる場合ではない。

    1日でも早く再度の転居資金を貯めなくてはならない。


    仕事が引けると幼稚園へ迎えに急いだ。

    夜になるわけにはいかない。

    若者達の話しからすると、陽が暮れるとマンションの外はそこら中に【あれ】が溢れかえるようだ。


    冗談じゃない…。


    香織をそんな目に合わせるわけにはいかない。


    「ママ~!」


    幼稚園へ迎えに行くと香織が一目散に香澄の元へと駆け寄ってきた。

    香織は父親の蛮行の影響も有ってか極端な人見知りをする。

    多分香澄の迎えを心待ちにしていたのだろう。


    「いい子にしてた?」


    「うん、香織、いい子にしてたよ!」


    香澄は優しく抱きしめて頭をそっと撫でた。

    先生に挨拶を済ますと、とりもなおさず家路を急いだ。

    日暮れまで余り時間が無かった。


    「ママ、私、お友達が出来たよ~。」


    急ぎ足で歩きながら香織が話し掛けた。

    香澄はそれどころではなく、生返事をしてしまった。


    「そう!良かったわね~。何てお名前なの?」


    「え~っとね~。あ、しろ~君!」


    「へ~!四郎君って云うんだ。仲良くして貰えるといいね!」


    人見知りの香織にたった1日で友達が出来る…

    キチンと考えていれば、危うさに気付いてあげられたかも知れなかった。

    香澄は自分が言ってはいけない一言を香織に言ってしまった事に気付かなかった。



    … 仲良くね …

    誰と…。



    何とか日暮れ前にマンションに辿り着いて自宅のドアを開けた。

    香澄は違和感を感じ辺りを見回した。


    (アイツがいない!)


    (確かに、何も感じない。)


    その瞬間、香澄の背後をあの気配が襲った。

    思わず香織を抱きかかえ全力でドアを閉めた。


    (間に合った?…)




    間に合わなかった。


    既にアイツは部屋の中にいた。

    しかも、気配がひとつではなくなっていた。

    香澄は香織を抱きかかえ居間へ入り、香織を抱き締めたまま全神経を集中して気配の数を数えた。

    3つ…いや4つ…。


    どうして、こんな事になったのか。



    「ママ、どうしたの?痛いよ~。」


    「あ、ゴメンね…。ママ、ちょっと頭が痛いの…。それで香織を強く抱き締めちゃった。痛くしてゴメンね…。」


    「ううん…。ママ、大丈夫?」


    「大丈夫…。でも、もう少しだけこうしてていい?」


    「うん、香織が抱っこしてあげるね。」



    香織に頭を抱かれながら香澄は背後の気配が近づくのを感じた。



    つづく




    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    誰かがそばにいる  7

     18, 2012 00:00
    香澄は背後に蠢く気配を感じながら、亡き母の教えを思い出していた。

    (もしもの時は結界を作りなさい。その中にはアイツ達は入って来れないから…)


    全神経を集中して丹田に気を溜める。何度も繰り返し、自分自身が火の玉と化したかのような錯覚の中、香澄はその全てを一気に発した。


    【ドン!】


    地鳴りと共に気配が拡散した。

    香澄の力では居間ひと間に結界を張るのが精一杯だったが、辛うじて香織の身を守る事は出来そうだと安堵した。


    「ママ!おっきな音がしたよ!なに~?」


    「大丈夫よ。なんでもないから、心配しないで…。」


    香織を抱き寄せそっと頭を撫でながら優しく声をかけた。

    この部屋を出る時は自分が必ずそばに付いていなければ…。

    それからしばらくの間、結界のおかげかアイツたちは香澄を遠巻きにしているだけで居間以外でも近付いて来る事はなかった。

    そんなある朝、香澄が目を覚ますとベッドに香織の姿がなかった。

    香澄を恐怖が襲う。


    「香織~!!香織~!」


    ベッドから飛び起き部屋を飛び出した。

    キッチン、風呂、トイレ、クローゼット…何処にも香織の姿はなかった。

    香澄の動揺が頂点に達した時、居間の押し入れから香織が出て来た。


    「ママ~!どうしたの?」


    「香織~!何をしてるの~、ママ心配したじゃない。」


    香織を抱き寄せホッと胸をなで下ろした。


    「隠れん坊してたの~♪」


    無邪気な言葉に香澄は重大な思い違いを犯した。


    「もう!香織ったら…。朝から、そんな事しないの。めっ!」


    「ゴメンナサ~イ。」


    「さあ…。お顔洗ってご飯にしようね。」


    「はーい!」


    香織と洗面所へ行き洗顔していたその時、最近になくアイツの気配が背後に迫った。

    香澄は戦慄を覚え、香織の後ろに立ちふさがった。


    「アハハ♪」


    香織が突然笑い声を上げ洗面所の鏡を見ている。


    「どうしたの?何か可笑しい事があったの?」


    「エヘヘ…。内緒~」


    「え~!ママに内緒なんてひど~い!」


    香澄は香織を抱き上げじゃれながら居間へ移動した。

    兎に角その場を離れる事が先決だと判断した。

    居間に入ると一息つく事が出来たが、その時には既に香織が突然笑い声を上げた事を失念してしまっていた。

    また重大な過ちを犯してしまったのだ。

    香織は以前香澄と離れる事をあれほど嫌がっていたのに今は楽しそうに幼稚園へ向かう。

    何故?不思議には思ったが…。


    「ママ行ってらっしゃーい!」


    つづく




    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    誰かがそばにいる  8

     18, 2012 19:00

    暫く静かだった【アイツ】たちが、ここ数日少しづつ騒がしくなり始めた。

    キッチンや食器棚のものが朝になると移動している。

    夜中遅くになると、水道管から嫌な音が鳴り響く。

    香澄は日に日に自らの感覚が研ぎ澄まされていくのを感じ怯えていた。


    ある朝、香澄の怯えを決定的にする事が起きた。

    眠っている香織を起こさないように、そっとベッドを降りた香澄の足元に包丁が突き刺さっていた。

    一瞬何が起きたのか解らず包丁を眺めていた香澄たが、次の瞬間悲鳴を上げた。


    「キャー!!」


    香澄の悲鳴に香織が驚いて飛び起きた。


    「ママ!なに~!!どうしたの?」


    香織の怯えた表情を見て香澄はなんとか踏ん張った。

    体中が震えていたが、香織にはなんとか悟られないように勤めて平静を装い笑顔を作って答える。


    「ごめん。何でもないよ。ゴキブリさんが居たのよ~。ママ、ゴキブリさん苦手でしょ!」


    「アハハ♪そうだね~。ママ、ゴキブリさん大嫌いだもん♪」


    「香織、もう少し寝てなさい。まだ、早いから…。」


    「うん…。もうちょっと寝る~。」

    香織を寝かせると、香澄は大急ぎで家の中のありとあらゆる刃物をダンボールに詰め込みゴミ集積所へ運んだ。

    その間も香澄はアイツたちの気配を背後に強く感じていた。

    ついにアイツたちの恐怖がやって来た事を理解した。

    香澄の直感は正しかった。

    自宅のドアを開け玄関からキッチンへ急ぐと、テーブルの上にはたった今、香澄がゴミ集積所へ捨てて来たダンボールが置かれていた。

    香澄は悲鳴を上げる事さえ出来ずその場に座り込んだ。

    (一体全体どうすればいいの…。)

    茫然自失の香澄の目に壁の黒い染み、居間の襖の手形がクッキリと映し出された。

    全身の力が抜けていくのを感じながら香澄は気を失った。


    「ママ、ママ!どうしたの?ママ、ママ!おきて…。ママ!ママ!…。」


    香織の泣き声を香澄はボンヤリ夢の中で聞いていた。

    その刹那ハッとして、目を覚まし香織を抱き締めた。


    「あ、香織。大丈夫よ…。ママ、またゴキブリさん見て驚いただけだから…。」


    「本当に~。ママ大丈夫なの?」


    香織の心配そうな顔を見て香澄は情けなくなった。

    自分は母なのだからこんな事で怯えていてはいけない。

    しかし立ち上がってテーブルを目にした香澄は、たった今自分に入れ直したカツがどこかに消え失せるのを感じた。




    テーブルの上には、家中の刃物が並んでいた。



    つづく




    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    誰かがそばにいる  9

     19, 2012 00:00
    香澄は震える手で香織を抱き上げ居間へ入る。

    その瞬間香澄の体を戦慄が走った。

    最早結界の恩恵には預かれない事を悟った。

    そこら中にアイツたちがいる。


    (こんな所には、一刻たりともいられない!)


    そう思った香澄に更なる恐怖が襲った。



    【逃げたら~その子はもらう~】



    壁に一瞬だけ文字が浮かんだ。

    香澄は立ちすくみ茫然と壁を見つめ続けながら、どう対処すればいいのか考えていた。

    香織に幼稚園へ行く準備をさせて、ダンボールにもう一度刃物を詰めテープで固定し取っ手をつけた。

    その上で急ぎコンビニへ向かい勤務先の自分宛へ送った。

    マンションには捨てられない…勤務先のゴミ捨て場に捨てるしかない。


    「ママ、お腹すいたよ~。」


    香織の言葉で我にかえり、心の動揺を押し殺し優しく穏やかに答えた。


    「そうね~。ママ、今日あわてんぼさんだったね。ご飯忘れちゃったね。ハンバーガーでも食べよっか?」


    「うん!香織ハンバーガー好き!」


    「そうよね~。香織はハンバーガー大好きだもんね~!」


    笑顔の娘と2人でハンバーガーを頬張りながら、香澄はこれからどうすればいいのか考え続けた。

    香織を幼稚園へ送り仕事場へ向かったが、その日は仕事に全く身が入らず上司から何度も注意を受ける羽目になった。

    夕方香織を迎えに行きながら、このままどこかへ行ってしまおうとも考えたが、あの壁の文字が香澄にそれを躊躇させた。


    「ママ~!!」


    勢い良く抱きついて来た香織を抱き上げながら、香澄は途方に暮れていた。


    (私はどうすればいいの…)


    マンションの前まで帰り着くとそこは人だかりになっていた。

    パトカーや救急車が何台も止まっていてかなりの騒ぎになっている。


    「一体何があったんですか?」


    野次馬の1人に声をかけてみた。


    「なんか、2階の住人が自殺してたらしいよ。自分で自分をめった刺しして死んでたってさ~!こわ~!!」


    香澄はお礼を言う事も忘れ香織の手を引き自宅へ急いだ。

    陽が暮れようとしていたのだ。

    エレベーターを降りると、通路にアイツたちが待っていた。

    香澄たちの周りをぐるりと取り囲み蠢いている。

    香澄は香織を抱きかかえてドアの前まで進みドアを開けると同時に気を発し玄関に結界を張った。


    【ドン】


    暫くだけの気休めだと理解していたがそうせざるを得なかった。

    ホッと一息ついた時香織が言った。


    「ママ、今日はお客さん一杯いたね~!」




    つづく



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    誰かがそばにいる  10

     19, 2012 19:00
    香織にはアイツたちが見えている。

    危険すぎる…香澄の両親も強い力を持っていた。

    持っていたが為にこの世に留まれなかったのだ。

    あちら側の力に引き寄せられある日突然姿を消した。

    香澄は初めて自分の血筋を呪った。


    (もうここにはいられない!)


    香澄は出て行く事を決心して、アイツたちに悟られないようにさり気なく貴重品をバックにしまった。

    その夜は部屋の中に残っていた数人…のアイツたちの気配に注意しながら香織を寝かせ付け自分も寝たふりをして夜が明けるのを待った。

    夜が明けるとすぐに香織に身支度をさせ、外で朝食を済ませて幼稚園へ送り届け自分は金策へ走った。

    夕方までかかって、なんとか金策が上手くいきホッとしながら香織を迎えに幼稚園に着いた時、香澄には絶望が待っていた。


    「こんにちは。何時もお世話になります。」


    「あら?川原さん。どうされました?」


    「はあ…。あの香織を迎えに伺ったんですが…。」


    「えっ!香織ちゃんなら、もう帰りましたよ!」


    「どういう事ですか!!誰が香織を連れて行ったんですか!!」


    「あ、あの、いえ、誰かが連れて行ったんではなく、香織ちゃんがシロー君と云うお友達と一緒に帰ると言うもので…。」


    「そ、そうですか…。すいません、その四郎君のお宅を教えて頂けますか?」


    「えっ?うちの園の子ではありませんよ!」


    「なんですって!じゃあ、一体どこの子なんですか!」


    「そ、それは…わかりません。」


    「そんな、無責任なー!!」


    香澄は先生に善後策の相談をする事もなく、とにかく自宅への道を脱兎の如く走り出した。


    四郎君……しろー……死霊!

    香織が鏡に向かって笑った…その相手が…お友達が出来たのって…。


    「うそーー!!」


    走りながら絶叫した。


    【逃げたら、その子はもらう。】


    「やめてーー!!」


    恥も外聞もなかった。

    泣きじゃくりながら走り続けた。

    全力でマンションの階段を駆け上がり自宅のドアを開けた。


    「香織ーー!!」


    居間の襖を開けた時、壁にあの文字が浮かんだ。


    【お前がわるいんだ~】


    「キャーー!!」


    香澄は有らん限りの力を振り絞り叫び続けた。

    香織の消息は絶えた。

    その後香澄はこの部屋から越す事はできなかった。

    香織が帰る部屋はここだけだから。

    部屋中に目張りをして気配に怯えながら、部屋の隅で息を潜めてじっと娘の帰りを待っている。


    アナタのそばにも…ほら、後ろに…。









    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    悪魔の棲む廃墟

     24, 2012 19:00
    筑波学園都市に程近い、ある地域に経営破綻し廃墟となった病院があった。

    そこは、地元の人間に魔物が出ることで有名な廃墟だった。

    優子とウエンツは久しぶりのデートを楽しんでいた。

    東京からドライブを楽しみ、久々の甘いひと時・・・・


    「優子、ちょっとあの廃墟入ってみない?」

    「え~!いやだ~・・・なんだか怖い・・・」

    「大丈夫だよ、まだ昼間だし・・怖くないよ!」

    ウエンツは、珍しい廃墟マニアだった。

    優子は、嫌々ながらウエンツの後ろについてその廃墟に入って行った。

    恐怖の始まりが目前に迫っていた。


    1階のロビーを通り突き当たりの階段から2階に上ると、薄暗い廊下が長く続いている。

    「優子!こっち、こっち・・・」

    ウエンツがある一室に優子を呼び入れた。

    「なーに?何があるの?・・・」

    優子の問いかけにウエンツは奥のベッドを指差した。

    その部屋は元々特別室として使われていたらしく、豪華な造りであった。

    ウエンツが指差したベッドも豪華な洒落た造りで綺麗なままだった。

    ふたりは、その意味に気が付かない・・・・廃墟となった病院のベッドが綺麗なままのはずがない・・・

    「優子、こっちおいでよ。」

    「うん・・・」

    ベッドに並んで腰掛けたふたりは、自然と寄り添いどちらともなく唇を重ね、抱き合い・・・

    そのままベッドに倒れこんで愛の交歓を始めた。

    「あ、・・う・・・ん・・・」

    ウエンツは手際よく優子の服を脱がし、自らも裸になった。

    「優子・・・久しぶりだから・・・オレもう我慢出来ないや・・・」

    「うん・・・いいよ。・・・・」

    ウエンツの手が優子の花園に伸びた時には、優子はウエンツを受け入れる準備が出来ていた。

    ゆっくりと、ウエンツが優子に入り・・・次第にその動きを速めて行った。

    「あ、そこ・・・あ・・・・んん・・」

    優子が快感に導かれ、ふと目を開けた・・その瞬間、優子に戦慄が走った。

    病室のドアの外に・・・薄暗くほとんど見えない廊下に青い三角の薄暗い光が、4つ・・6つ・・

    「いや~~~~~~~~~!」

    ウエンツは勘違いした・・・優子が快感から声を上げたのだと思ったのだ。

    「そんなに、感じちゃった?・・・」

    ウエンツの馬鹿な問いかけに、優子は首を振りながら叫び声を上げ続けた。

    「きゃーーーーーーーーーー!」

    優子の尋常ならざる様子に、さすがにウエンツも異常を感じ後ろを振り返った。

    「うわーーーーーーーーーー!」

    優子とウエンツの叫び声が重なり廃墟の病院中に響き渡った。

    そこにある青い光・・・・6つ・・8つ・・・・それは・・・・・







    その廃墟に棲む、のぞき魔者・・・達の目が病室の窓からの光に反射して

    光っていたのだった。

    そこは地元で有名な覘きの廃墟だった。





    閑話休題


    後記   ちょっと、無理がある?§^。^§怪談



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。

    真夏の怪談

     03, 2012 19:00
    筑波学園都市に程近い、ある地域に経営破綻し廃墟となった病院があった。

    そこは、地元の人間に魔物が出ることで有名な廃墟だった。

    優子とウエンツは久しぶりのデートを楽しんでいた。

    東京からドライブを楽しみ、久々の甘いひと時・・・・


    「優子、ちょっとあの廃墟入ってみない?」


    「え~!いやだ~・・・なんだか怖い・・・」


    「大丈夫だよ、まだ昼間だし・・怖くないよ!」


    ウエンツは、珍しい廃墟マニアだった。

    優子は、嫌々ながらウエンツの後ろについてその廃墟に入って行った。

    恐怖の始まりが目前に迫っていた。


    1階のロビーを通り突き当たりの階段から2階に上ると、薄暗い廊下が長く続いている。


    「優子!こっち、こっち・・・」


    ウエンツがある一室に優子を呼び入れた。


    「なーに?何があるの?・・・」


    優子の問いかけにウエンツは奥のベッドを指差した。

    その部屋は元々特別室として使われていたらしく、豪華な造りであった。

    ウエンツが指差したベッドも豪華な洒落た造りで綺麗なままだった。

    ふたりは、その意味に気が付かない・・・・廃墟となった病院のベッドが綺麗なままのはずがない・・・


    「優子、こっちおいでよ。」


    「うん・・・」


    ベッドに並んで腰掛けたふたりは、自然と寄り添いどちらともなく唇を重ね、抱き合い・・・

    そのままベッドに倒れこんで愛の交歓を始めた。


    「あ、・・う・・・ん・・・」


    ウエンツは手際よく優子の服を脱がし、自らも裸になった。


    「優子・・・久しぶりだから・・・オレもう我慢出来ないや・・・」


    「うん・・・いいよ。・・・・」


    ウエンツの手が優子の花園に伸びた時には、優子はウエンツを受け入れる準備が出来ていた。

    ゆっくりと、ウエンツが優子に入り・・・次第にその動きを速めて行った。


    「あ、そこ・・・あ・・・・んん・・」


    優子が快感に導かれ、ふと目を開けた・・その瞬間、優子に戦慄が走った。

    病室のドアの外に・・・薄暗くほとんど見えない廊下に青い三角の薄暗い光が、4つ・・6つ・・


    「いや~~~~~~~~~!」


    ウエンツは勘違いした・・・優子が快感から声を上げたのだと思ったのだ。


    「そんなに、感じちゃった?・・・」


    ウエンツの馬鹿な問いかけに、優子は首を振りながら叫び声を上げ続けた。


    「きゃーーーーーーーーーー!」


    優子の尋常ならざる様子に、さすがにウエンツも異常を感じ後ろを振り返った。


    「うわーーーーーーーーーー!」


    優子とウエンツの叫び声が重なり廃墟の病院中に響き渡った。


    そこにある青い光・・・・6つ・・8つ・・・・それは・・・・・



























    その廃墟に棲む、のぞき魔者・・・達の目が病室の窓からの光に反射して

    光っていたのだった。

    そこは地元で有名な覘きの廃墟だった。





    閑話休題


    ランキング参加しています。ポチッとして頂けると喜びます。(*^。^*)



    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。

    こちらより


    ご訪問ありがとうございました。

    小悪魔ちゃん

     05, 2012 19:00
    「エヘッ 」


    みんな、私の事…小悪魔っていうの。

    私、小悪魔なんかじゃないのに、どうしてみんなそう呼ぶのかしら?

    サッパリわかりません。

    エヘッ

    私のお仕事は、みんなの魂を奪う事!

    お店じゃナンバーワンです!

    エヘッ

    昨日も常連さんの笠島さんが、私の為に一杯プレゼントを持って来ました。

    もう少しで笠島さんの魂は私の物。

    エヘッ

    虜にしちゃうの

    私の特技は、常連さんの耳元で…。

    内緒

    エヘッ

    でも、この特技のおかげで私は常にナンバーワンなのです

    エヘッ

    男の人って単純~

    い☆ち☆こ☆ろ よ~


    今まで、私から逃げられた人はいません。
    エヘッ


    今日の常連さんは、もう私の虜

    今日は、全部私の物にしちゃうのです

    エヘッ


    「あ、いらっしゃーい 田所さぁ~ん 待ってたわよ~ん 」


    「エヘヘ…。小悪魔ちゃん こ、これ、この間言ってた新作のバッグ プレゼントだよ 」


    「わ~ 嬉しい 」


    「そ、それで…。今日は、一緒にお店出れるのかな?」


    「うん もちろん 楽しみにしてたの~ 嬉しい 」


    そんなこんなで、お店を出て…。

    もちろん、行き先は ホテル

    田所さん、一生懸命頑張って…。


    私、ま☆ん☆ぞ☆く

    エヘッ

    ベッドで田所さん、心臓麻痺で死んでます

    田所さんの魂戴きました

    エヘッ

    私は、悪魔

    小悪魔ちゃんなんて、人間が勝手に呼んでるだけだもん

    悪魔が黒い服着て鎌持ってるなんて、有り得な~い

    可愛い女の子が悪魔してちゃいけない?

    貴方の魂も、ちょうだ~い

    「エヘッ 」





    ランキング参加しています。ポチッとして頂けると喜びます。(*^。^*)



    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。

    こちらより


    ご訪問ありがとうございました。

    真冬の怪談

     26, 2012 19:00
    電話のベルが鳴る。


    もう遅いのに…、


    と思いながら


    受話器をとる。



    「You blood all over me !」



    な、何?


    怖い!




    【ピンポーン】



    玄関のベルがなる。


    誰?


    こ、こんな遅くに…


    覗き穴から覗いても、


    誰もいない…


    怖い!




    恐る恐るドアを開ける。



    そ、そこには…



    携帯を手にした…






    「HAPPY birthday!

    真冬姉ちゃん!

    誕生日おめでとう!」







    し、知らない!


    私は…


    私は、一人っ子なの…。





    静かな夜に…

    真冬の悲鳴が響いた。






    ランキング参加しています。ポチッとして頂けると喜びます。(*^。^*)



    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。

    こちらより


    ご訪問ありがとうございました。

    真夏の夜の夢

     29, 2014 07:00



    真っ暗な海の上を静かにボートを漕いでいた。


    新月なのか空には月もない。


    遠くに微かに見える星々に湖面が照らされ、漆黒の波間に僅かに煌めく灯り。


    そのボートの縁をいきなり真っ白な手が掴んで、湖面からずぶ濡れの白装束の女が姿を現した。


    「う、うわぁ~~!!!!」


    私は思わず悲鳴を上げた。




    ジリリリリリ~~~~~~・・・


    目覚まし時計のけたたましい音で、ハッと目を覚ました。


    パジャマ代わりのTシャツは汗びっしょりだった。


    「う・・・・酷い悪夢だった・・・」


    誰も居ない部屋にひとりごとが響いた。


    その響きが不自然で私は周りを見渡した。


    奥のテレビ台の上に50型ほどありそうなかなり大きなテレビ。


    四方の壁には窓がひとつもない。


    古びたカレンダーがひとつ。


    私が寝ていたベッドの正面にガラステーブル。


    その上には灰皿がひとつ。


    ・・・・ここはどこだ。


    全く見覚えがない。


    私はテレビが嫌いで部屋にテレビを置いたこともない。


    タバコの煙が嫌いで生まれてこの方タバコは一度も吸ったことがない。


    カレンダーの年号は1999年・・・20年以上前の暦・・・・


    「一体何がどうなっているんだ」



    また私のひとりごとが不自然に響いた。


    取り敢えず起き上がってテレビのスイッチを入れてみた。


    映しだされた画面にいきなり私の姿が・・・・



    「な、な、なんだ・・・これは・・・・」


    「昨日神宮橋の路上で殺害された川村ゆかりさんの事件に進展です。本日神宮橋署は住所不定無職の高橋洋一を重要参考人として全国に指名手配しました・・・」


    川村ゆかり??高橋洋一??


    どちらの名前も全く知らない。



    「一体何がどうなっているんだ!!!」




    ハッと目が覚めた。


    汗びっしょりで悪い夢を見ていたようだ。


    取り敢えずベッドから起き上がってテーブルの上のタバコに火を点ける。

    「ふぅ~・・・生き返った・・・。」


    うん?・・・ここはどこだ?・・・いや・・・それより、俺は誰だ?・・・・


    いきなり恐怖が身を包む。


    取り敢えず手元にあったリモコンでテレビをつけた。


    映しだされた画面にいきなり俺の写真が・・・


    「・・・・殺害されたのは会社員高橋洋一さん25歳で、駆けつけた警察官により殺人の現行犯で逮捕されたのは高橋さんの元交際相手の川村ゆかり容疑者22歳・・・・」


    「な、何を言ってるんだ。俺はここにいるぞ、それに・・・」


    高橋洋一も川村ゆかりも知らない・・・・


    何なんだ、一体何がどうなっているんだ!!!



    ハッと目を覚ました。


    「しかし・・嫌な夢だった・・・」


    汗びっしょりのTシャツに不快感を覚えながら起き上がり、目覚めのコーヒーを淹れて一服しているとチャイムが鳴った。


    「なんだよ、こんな朝早く・・・・」


    渋々玄関へ向かい、ドアを開ける。


    「はい、どちらさん?」


    ドアを開けたそこに居たのはさっきの夢の中で俺を殺した犯人の女・・・・




    ハッと目を覚ました。


    悪夢だ。


    何なんだ一体何がどうなっているんだ。


    周りを見渡すと部屋中真っ白・・・


    何もない空間だ。


    どうしてしまったんだ。


    どれが夢でどれが現実なんだ。


    「だ、誰か、助けてくれ~~~~~」


    不自然な声が部屋中に響いた。





    ピー、ピー・・・・・


    私は病室に寝ていた。いや、私の体は病室に寝ていた。


    私は寝ている私の体の上に浮かんでいた。


    「先生!高橋さん急変です!!」


    ベッドについてるインタホンに向かい看護師が医者を呼んでいた。


    しかし、その右手側には使用後の劇薬アンプルと注射器・・・・


    看護師が宙に浮いてる私に向かってニヤリと笑った。


    「えっ?私が見えるのか?」


    それには答えず看護師はニヤリと笑い続けていた。


    胸に付いてるネームプレートを見て私は絶望した。


    看護師 川村ゆかり





    閑話休題
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。