スポンサーサイト

     --, -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Heaven  1

     19, 2012 00:00

    夜の街に繰り出し、一杯ひっかけた。

    いい気分でぶらぶら歩いていると、いきなり後ろから女の声がした。


    「死ね」


    ドン!

    女が俺にぶつかってきた。

    その瞬間激痛が体を駆け巡った。

    刺されたのだ。


    「誰だ?クソ!…」


    気が遠くなりかかっていた。どうやら、刺され所が悪かっ様だ。

    気を失う寸前に、女の顔が目に映った。

    ああ、あの女か!

    確か昔、恋人といるところを、仲間三人で拉致って廻した女だった。

    思えば、ロクデナシの人生だった。

    有りとあらゆる悪事が俺の人生の全てだ。

    悪い事は何でもやった。楽しくて仕様がなかった。

    薬は飴玉の代わりで、女はただの人形だ。

    ヤリタイ女は、さっさと犯した。

    嫌いなヤツは殺した。

    まあ、今死んだ所で後悔はない。

    行き先は、どうせ地獄だろう。




    【ブラックアウト】




    いきなり目が覚めた。

    だだっ広い部屋のド真ん中のソファーに座っていた。

    目の前のテーブルには、あらゆる料理が並んでいる。

    両隣には、絶品の女。

    此処は何処だ?

    …どういうことだ?俺は死んだんじゃ無いのか?

    頭の中を、?がぐるぐる駆け巡った。


    「ふぉっふぉっふぉっ…」


    突然、目の前に白髪の爺様が現れた。


    「ふぉっふぉっふぉっ… 頭は、悪くなさそうじゃの!その通り。貴様は、死んだのじゃ。」

    何だこの爺!

    ん?

    どうして、俺の考えている事が解りやがるんだ?


    「ふぉっふぉっふぉっ… 此処はあの世じゃ。言葉なぞいらぬ。どうじゃ、ワシじゃとて喋っておるわけじゃなかろう!」

    確かにそうだ。爺はニヤニヤ笑っているだけだ。

    だとしたら、此処は何処なんだ。

    俺の行き先は、地獄以外に考えられないだが…。


    「ふぉっふぉっふぉっ… 貴様でも、行き先が気になるのか?何処でも良かろう!今、此処におる事が替えられる訳でもないしの!」


    まあそうだな。此処が何処だろうとかまやしねえや!


    「ふぉっふぉっふぉっ… そうじゃそうじゃ、さ、好きにするがよい。」


    最後の言葉が終わらない内に、爺の姿が消え失せた。


    「あっ!おいっ爺!何処行きやがった。」


    ふぉっふぉっふぉっ…用がある時は呼べ。ふぉっふぉっ…

    頭の中で声が響いた。


    「ハハハ、 ハハハ、アッハハハ!こりゃあいいや!アッハハハ!神さん、俺の行き先、間違えたんだな!アッハハハ!だったら好きにさせてもらうぜ!」





    つづく



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。
    スポンサーサイト

    Tag:*

    Heaven  2

     19, 2012 07:00

    美味いメシだ。こんな美味いもん喰った事がない。

    いい酒だ。

    ほろ酔い加減になったところで、次は勿論女だ。

    おお!!こりゃあ、とびっきりの上玉だぜ!

    躰中が、手に吸い尽く柔肌だぜ。こんな女お目にかかった事がなかったぜ。

    最高だぜ!アッハハハ!



    【それから、俺は毎日やりたい放題の日々を送った。

    しかし、1ヶ月が過ぎ3ヶ月が過ぎ半年が過ぎると、流石にウンザリして来た。

    あれほど美味ったメシも飽きた。

    酒は飲んでも飲んでもグラスから減る事はない。

    女は、次から次へと俺の体を貪る。まるで俺の方が、抱かれている気分だ。】

    おーい、爺!聞こえるか?ちょっと出て来い。


    「ふぉっふぉっふぉっ… 何か用か?」


    「ああ、そうだ!爺、流石にウンザリして来たんだ。ちょっと一人にさせてくれ。」


    「ふぉっふぉっふぉっ…ふぉっふぉっふぉっ… 何を抜かしておるのじゃ、このタワケが!! 貴様に自由などありゃあせん。貴様は、永遠に目の前の糞と小便を飲み食いし続けて、鬼から犯され続けるのじゃ。ふぉっふぉっふぉっ…」



    ★!!★!!★!!



    「な、な、何?」

    【目の前の豪勢な食事は糞に、酒のグラスは、尿瓶に、女はおぞましい鬼に変わっていた。】


    「ウワッ!!」


    「ふぉっふぉっふぉっ… やっと現実が見えた様じゃの。ふぉっふぉっふぉっ… 此処が何処か、気にしておったのう。教えてくれるわい。此処は地獄の三丁目じゃ!!」

    爺の姿が閻魔に変わった。


    「グオー!」


    鬼が襲って来た。


    「ウワッ!!うぁぁぁ…」


    俺の断末魔が、地獄に響いた。



    休題



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。