スポンサーサイト

     --, -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    時の片~かけら  14

     22, 2012 07:00



    「えっ!・・・母って・・・・こ・・う・・じ・・くん?・・・」



    いきなり自分の名前が出てきて面食らっているその目の前で彼女が気を失った。

    倒れる寸前彼女を抱きとめた時、僕は強烈な既視感に襲われた。

    何故?見ず知らずの女性を抱きとめたこの瞬間に。


    訳がわからない事だらけでパニックになりそうだったが、取り敢えず彼女を抱きかかえ家に入った。

    ソファーに横たえて冷やしたタオルを頭に乗せ、脈と呼吸の状態を確かめる。

    どうやら一時的に気を失っただけのようだ。


    それにしてもこの状況は異常だ。

    白昼、人が突然目の前に現れ、しかも僕の家に住んでいると言う。

    母や僕の事まで知っているようで、それもまた謎だ。

    それにあの強烈な既視感は何なんだろう・・・

    まるで何度も経験したことがあるような感じ・・・

    見たことがある、と云うレベルではなかった。

    実際の経験として記憶に残っている・・・それほどの既視感。

    答えなんか出るはずもない堂々巡りの思考をかなりの時間繰り返していると、彼女が目を覚ました。


    「う~ん・・・・・」


    ゆっくりと体を起こすと一瞬びっくりした様な表情をしたが、意外にもここはどこだのどうだのこうだの・・等の質問が飛んで来ることはなかった。


    「気がついた?・・・一体何がどうなっているのか説明してもらえるかな?」


    僕は出来るだけ穏やかに彼女に語りかけた。


    「少し・・・・考えさせて・・・・私も良くわからないの・・・・」


    分からないと言いつつも、何故だか怯える様子も無く穏やかな返事が返って来た。

    僕はちょっと不満ではあったが、ここで問い詰めても答えが変わりそうにはなかったので頷くしかなかった。


    「ちょっとトイレお借りします・・・。」


    「ああ・・・はい・・えっと・・・トイレは・・・」


    全部言い終わるその前に彼女はサッサとトイレのある方へと廊下を歩き始めた。

    パニックになりそうなのはこっちの方だ。

    何故彼女はうちのトイレの場所まで知っているんだ!

    この家は結構旧家で入り組んでいておいそれと部屋割りがわかるとは思えなかった。

    彼女が戻るや否や一気呵成に僕は彼女を問い詰めようとした。


    「ごめん。もうチョットだけ待って。ちゃんと考えるから・・・」


    機先を制され僕は何も言えなくなってしまった。その上・・・


    「幸治君、私、お腹空いちゃった・・・何か食べさせて・・・」


    な、なんだ~?

    この状況で何か食わせろって・・・・怒鳴り散らそうと思って息せき切って言葉を吐き出そうとしたが、彼女の僕を見る目に思わず引き込まれ・・・


    「あ、はい・・・・ちょっと待って・・・」


    完全に彼女のペースに嵌ってしまった。

    しかし、それが意外と腹立たしくなく・・・いや、懐かしい感じさえしたのだ。


    取り敢えず有り合わせで冷やし中華を作って彼女に食べさせた。

    食べ終わるとひと呼吸おいて、彼女はこの状況を説明し始めた。



    それはとても信じられない驚くべき内容だった。




    閑話休題



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村 ショートショート

    人気ブログランキングへ

    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。
    関連記事
    スポンサーサイト

    COMMENT - 2

    -  2012, 08. 22 [Wed] 07:19

    ・・・しかしw

    そぃにしてもww

    幸治くんは、早苗さんを 覚えてなかつたんねぃ @@)

    そそ でも ょぃ
     
    デジャブ感覚w みたぃなん ぃぃね♪

    Edit | Reply | 

    紫水  2012, 08. 22 [Wed] 17:40

    Re: ・・・しかしw

    こんにちは。

    そうなんです(*^。^*)
    その方が盛り上がるかと・・・(笑)
    デジャブ感覚で表現してみました(^O^)

    Edit | Reply | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。