スポンサーサイト

     --, -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    時の片~かけら  19

     01, 2012 07:00
    早苗が落ち着くのを待って、二人は自宅へ戻った。

    今日は流石に観光どころでは無い。



    自宅へ戻った後も早苗はふさぎ込みソファーで膝を抱えて多分・・・泣いていた。

    幸治も掛ける言葉が無く黙って傍にいてやることしか出来無かった。

    愛する家族を失う辛さは良く分かっていたし、また、それはどんな言葉も慰めにならない事も分かっていた。


    夕食は簡単に有り合わせで済ませた。

    買い物などで早苗を一人にするのが心配でもあったし、幸治自身も少々心が折れ気味で込み入った物を作る気力が無かったのだ。


    早苗が無理して食事を摂っているのは分かっていたが、敢えて幸治はそれを知らない顔をして黙々と箸を進めた。

    その後風呂の準備もいつものように始め、早苗に入るように言葉をかけ、自分は後片付けをまた黙々とこなした。





    幸治の何気ない心遣いに感謝しながら早苗は悲しみに耐えていた。

    折れそうな心を幸治が傍で支えてくれていた。


    下手な慰めを言われていたら多分早苗の心は折れていた。

    自らに起こったタイムスリップと云うとんでもない事態の上にその結果としての家族みんなの死が追い討ちをかけたのだ。

    幸治はただ黙って早苗の体と心を抱きしめてくれた。

    それだけで十分だった。


    早苗は人生で最悪の不幸と最高の幸福を一度に手にしていた。






    静かに時は過ぎて夏の夜は更け始めた。


    「そろそろ寝ようか・・・・大丈夫だよね、早苗さん・・・」


    「うん・・・・ありがとう・・・大丈夫・・・・」


    「うん、じゃあ・・・おやすみ・・」



    幸治がちょっと心配そうな目をしながら早苗を見つめ、少しだけ微笑んでお休みの挨拶をした。

    その時早苗はそれまでの気丈さが自分の強がりで在る事に気がついた。

    幸治に傍にいて欲しかった。



    「待って・・・・やっぱり・・・もう少しだけ・・・傍にいて・・・・」


    「あ・・・うん・・・もちろん・・・いいよ・・・」



    早苗の隣に座り直した幸治だったが、何となく微妙な空気が二人の間に漂った。

    お互いちょっと気まずくもあり、気恥かしさも同時に感じた。



    その時、幸治が意を決した様にいきなり早苗の肩に腕を回した。


    「えっ?・・・・」


    早苗はちょっとびっくりして幸治を見上げたが、幸治が余りにも緊張の面持ちでまっすぐ前を見つめていたので少し可笑しくて思わずクスクス笑ってしまった。


    「な、なんだよ~・・・別に可笑しくないだろ・・・」


    ちょっと気色ばむ幸治に再び笑いがこみ上げて、早苗はそのままの姿勢のまま幸治の胸に顔をうずめた。

    顔をうずめクスクス笑っている早苗を幸治はそっと抱きしめる。


    今度は早苗も笑うことなく幸治の背中に自らの腕を回した。

    そのまましばらくお互いの心を抱きしめていた。



    しばらく後、どちらからともなく顔を上げ見つめ合う二人・・・・

    そして二人はそっと唇を合わせた。



    夏の夜は更けていった。




    続く



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村 ショートショート

    人気ブログランキングへ

    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。
    関連記事
    スポンサーサイト

    COMMENT - 2

    -  2012, 09. 01 [Sat] 08:00

    なんともぃww

     早苗ちゃんとぃ
     幸治君とぃ


     2人の絆が 深まるww
     18と19


     やっぱそ 読むんなら 二連ちゃん よねぃ


     仲睦まじく
     ハッピーエンド おば ねば
     期待してんだけどぃ



     ・・・・ちょぃ やっぱそ
     何かある ような  気がww(@@;汗


     紫水さん 的 要素・・・

     そそ 喜ばせておいて
     最後は どんでん返し・・・とか



     ぅーーーーっww
     落ちそうな 気がww 

    Edit | Reply | 

    紫水  2012, 09. 01 [Sat] 16:56

    Re: なんともぃww

    こんにちは。

    いい感じで進みましたね~(*^。^*)←他人事か!(笑)

    さて、どうなって行くんでしょうか・・・・

    優しい紫水さんの事だからきっとハッピーエンドでしっ!(^O^)

    残りあと数話です。

    最後まで是非お付き合い下さいネ(*^。^*) 

    Edit | Reply | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。