スポンサーサイト

     --, -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    時の片~かけら  8

     20, 2012 07:00

    眼鏡橋の欄干に寄りかかったまま、私は途方に暮れた。


    「困ったわね!名前もわからないんじゃ…。兎に角、その濡れた服どうにかしなくちゃね」


    女の人は震える私を抱きかかえるように優しく立たせた。


    「幸治くん、先にお家に帰ってタオルなんか用意して頂戴。」


    「うん。わかった」


    今迄女の人の後ろに隠れるようにしていた男の子が、元気に答えてそのまま駆け出した。


    「さあ、取り敢えずうちにいらっしゃい。そのあと、よく考えてみましょ。ね!」


    「あ、…はい。」


    私は言われる儘、女の人について歩き始めた。


    「ああそうだ、私は榊 潤子。さっきの子は息子の幸治。よろしくね…。」


    まるで知り合いの娘にでも接する優しさに少し戸惑ったが、今は本当にありがたかった。

    何より心細かったのだ。


    「ありがとうございます。」


    私の言葉に潤子さんは微笑み、そっと手を引いてまた歩き始めた。

    浜の町商店街のアーケードを抜け左へ進む。

    大きめの正覚寺という寺を過ぎた所に潤子さんの家はあった。


    「ただいま。… さあ入って。」


    言われる儘に中へ入った。


    「まずは、シャワーでも浴びてらっしゃい。そのままじゃ風邪ひいちゃうわ。」


    「幸治くん、お姉さんをお風呂場に連れて行ってあげて。」


    「は~い。」


    「お姉さん、こっち。」


    「あ、うん。ありがとう。」



    早苗と幸治の運命の出逢いだった。

    シャワーを浴び用意されていた服に着替えて居間に戻ると、夕食の支度がしてあった。


    「どう?少しは落ち着いたかしら?」


    「あ、はい…」


    「お母さん、お腹すいたよー。」


    「そうね。いただきましょ。お嬢さんも、話しはあとにして召し上がれ!」


    「ありがとう…。いただきます。」


    「いただきま~す。」


    幸治君の元気な声が食卓に響いた。

    見ず知らずの自分に、どうしてこんなに温かく接してくれるのか?

    涙が思わず溢れた。


    「お姉さん、どうしたの?どっか痛いの?」


    「ううん…。大丈夫、ありがたくて…」


    幸治君の頭をそっと撫でながら答えた。

    食事のあとデザートにとケーキをいただいた。

    今日は幸治君の誕生日だったらしい。


    「お昼の残りで悪いけど、食べて。」


    後片付けがおわり潤子さんがテーブルに戻る。


    「幸治、もう寝なさい。」


    「えー、まだ早いよ~!」


    「いいから、お部屋に行きなさい。お母さんはお姉さんと話しがあるの。」


    「はぁーい。おやすみなさい…。」


    少し不服そうな声に思わず笑みがこぼれた。

    かわいい。素直にそう思った。


    「さて、何からお話すればいいかしらねぇ…。」


    「はい…。」


    「なんにも覚えてない?」


    答えられない。

    教えて欲しい。


    「あの…。ここはどこですか?」


    「そう…、なんにも覚えてないのね。…ここは、長崎。さっき通って来たアーケードは浜の町商店街って云うの。」


    全く覚えがない。


    今更ながら、体の奥底から恐怖が襲う。

    震えが止まらなくなった。



    続く



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。
    関連記事
    スポンサーサイト

    COMMENT - 2

    小町  2012, 07. 21 [Sat] 15:42

    Fc2に 移動ですかぃ?

    続きが 気になる ょーーっ!(@@;

    Edit | Reply | 

    紫水  2012, 07. 22 [Sun] 11:40

    こちらにまでコメントありがとうございます。

    取り敢えず、本籍をこちらに移しました(*^。^*)
    まあ、あんまし代わり映えしませんのでこれからもよろしくお願いします。

    続きは・・・頑張って書きます(#^.^#)

    Edit | Reply | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。