スポンサーサイト

     --, -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    最後の楽園  1

     28, 2012 07:00
    (作者の都合で事実とは異なる部分が有りますが、あくまでフィクションとしてご了承下さい。)



    K大学医学部

    遺伝子治療学科碇チームは、その日特別な日を迎えた。



    「教授!来て下さい。」


    「どうした。」


    「テロメアが、細胞分裂前と同一です!」


    「なに!!間違いないのか!」


    「間違いありません。全くの同一体です!」



    碇は助手の言葉に歓喜した。


    20年来の研究が実を結んだ瞬間だった。


    「これで、ついに人類は不老不死を手にしたぞ!」


    「おめでとうございます。先生!」


    「やりましたね!」


    「ばんざ~い!」


    助手たちの歓声に破顔一笑したのも、当然だ。


    これで、地位も名誉も手中したも同然なのだ。



    テロメアは、細胞の尻尾の様なもので、分裂のたびに少しづつ短くなる。


    そして最後に、テロメアが無くなった細胞は死ぬ。


    それこそが、老化の原因なのだ。


    そのテロメアの遺伝情報を解析し、
    短化を阻止する事が碇チームの研究であった。


    そして、ついに成功。


    不老不死…


    正確には、不死ではないが、
    老化によって死ぬ事はなくなった。


    人類が神の領域に踏み込んだのだ。


    その後、碇たちは動物実験を経て、臨床実験へと研究を進めた。


    その間、全人類の期待感は当然の如く絶大だった。


    研究の完成まで異例のスピードでつき進む。


    当たり前だ…。


    世界中から人と金が無条件で集まったのだから。


    だれもが、地球は人類の楽園となると考えた。



    しかし、神はそれを許さなかった。





    つづく



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。
    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag:*

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。