スポンサーサイト

     --, -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ある日常  4

     21, 2012 07:00
    「(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-~!今日もキレがあるな~!」


    「なあに?」


    「あ、イヤ・・・ナンでもない。」


    「何よ?隠さなくてもいいじゃない!」


    「いや、別に隠しているわけじゃないけど、どうせまた、お前は勘違いして喚き立てるから・・」


    「(´・д・`) ヤダ!他人をヒステリー女みたいに言わないでよ!」


    「・・・・ほら、もうキンキン声になりかけているじゃないか!」


    「・・・・あら(´・∀・`)・・・そんなんじゃ無いわ・・・とにかく、教えて。」


    「もう・・・本当に怒らないな?・・・だったら、教えるけど・・」


    「怒らないわよ・・・だから、早く教えて。」


    「うん・・・じゃあ・・・このドラマで榮倉奈々ちゃんが言う決め台詞の事さ。」


    「え、榮倉奈々・・・」


    「ま、待て。勘違いするな!誰も好きだとは言ってないぞ!」


    「ホントに~~~?好きじゃないの?」


    「ああ・・・俺は自分より大きい女はダメなんだ。」


    「・・・・そんなに変わらないじゃない・・・おかしいわ・・・」


    「おかしくない!おかしくない!俺はお前が一番好きなんだ。」



    (*´・з・`*)チュッ♪



    「ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ・・・(´・д・`) ヤダ・・・急に何よ~~( ^ω^)・・・」


    「ハハハ・・・いいじゃないか・・・夫婦なんだから・・」


    「エヘ♡・・・いいけどぉ~」


    「おっと・・・こんな時間か・・・おかしいなぁ~・・・明日の仕事の連絡があるはずなんだけどなぁ~・・・」


    (メ・ん・)?(メ・ん・)?(メ・ん・)?


    「あれ?何で携帯の電源切れてるんだ???」


    「ああ・・・それ、あなたがいつもスマホは電池が持たないってこぼしてたから、切っておいてあげたの。」


    「な・・・何を言ってるんだ!電源切ったら、携帯の意味無いじゃないか!」


    「何よ~~~!親切に切ってあげたのに・・・そんなに怒る事ないじゃない!」


    「馬鹿!仕事の連絡があるんだぞ!」


    「何よ~~~~!家では家の電話使えばいいじゃない!」


    「あ~~~~もう!一々家の電話番号まで教えるわけ無いじゃないか!」


    「どうしてよ~~~!課長さんとかは家に電話してくるじゃない!」


    「があ~~~!(`・ω・´)携帯しか知らない人だって仕事関係にはいるんだよ!」


    「そんなの・・・おかしいわ!・・・いつもはこんなに怒らないのに・・・」


    「おかしくはないだろう!仕事の連絡が来ないのは困るって話をしてるんじゃないか!」


    「ううん!絶対おかしいわ!・・・・女ね!女の電話待っていたのね!」


    「ちょ、ちょっと待て!いきなり何の話だ!」


    「いきなりじゃ無いわ!だっておかしいわよ!普段はキスなんてしやしないのに、急にキスして来たり・・・今日のあなたは変だわ!絶対に女だわ!」


    「ち、違う!そんな馬鹿な飛躍をするんじゃない!お、俺は浮気なんてしてないぞ!」


    「キャ~~~~!私は浮気なんて一言も言ってないのに・・・やっぱり、浮気してたのね!」


    「ち、違うってば!何を言い出すんだ!・・・お前が女、女、言うから浮気はしてないって言ってるだけじゃないか!」


    「キャ~~!酷いわ酷いわ!自分が浮気したのを私のせいにするのね~~~!!!」


    「だあ~~~~~!だから、違うってば~~~!浮気なんてしてないって!」


    「ギャ~~~~~!!!!じゃあ、本気なのね~~~~~!!!!」


    「な、何を・・・・お前は・・・・」


    「酷いわ酷いわ・・・私を捨てるのね!そうなのね!・・・・」


    「ま、待て!そんな事は一言も言ってないぞ!・・・落ち着け!」


    「キィ~~~~~~!!!!許せないわ!私を愛してるって・・・一生大事にするって言ったのにぃ~~~~~!!!!」


    「だから・・・違うってば~~~~!!!」


    「キィ~~~~~!!!どんな女なの?・・・まさか・・榮倉奈々なの?・・・そうなの?・・・そうなのね・・・・キィ~~~~!!!」


    「ば、馬鹿!そんな事があるはず無いだろう!榮倉奈々ちゃんは女優さんだろうが!」


    「何よ~~~!私だって・・・プロのダンサーだったわよ~~~!」


    「そ、それとこれは違うだろ~~~!」


    「何が違うのよ~~~!何よ!女優は偉くてダンサーは・・・ダンサーは・・・卑しいとでも言うの!!!!!」


    「があ~~~~~!!!何でそう云う話になるんだ!!!!」


    「酷いわ酷いわ・・・だから・・・女優の榮倉奈々と一緒になるのね!」


    「ぎゃあああああ・・・・もう、勘弁してくれ~~~~誰か助けて~~~給料の1ヶ月分払うから~~~!!!」


    (いいわよ・・・じゃあ、課外授業を始めます。)


    「愚か者~~!!!」


    バキッ!(顔面キック)


    「えっ?・・・何で俺が・・・」


    「学校で女の子には優しくしなさいって教わらなかった?」


    「えっ・・・でも・・・」


    「そうよ!そうよ!・・・アンタなんか・・・オチンチンも付いてないくせにィ~~~^^」


    「ま、またお前はそれを~~~~!!!!」




    今宵も・・・おなべとニューハーフのバカップルの夜は更けていくのであった。



    閑話休題



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。
    関連記事
    スポンサーサイト

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。