スポンサーサイト

     --, -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    終末の予定 5

     21, 2016 07:00


    前兆 The Omenn (4)





    その夜、伊縫の遺体を前に娘と2人、無言で座っていた。

    確かめるのが恐ろしかった。

    八満仁寫は何度も何度も躊躇しながら、遂に口を開いた。


    「杏・・・・きっとパパの見間違いだと思う、ちゃんとわかってるんだけど・・・」


    「な~にパパ。」


    「ママは、ママは・・・自分で足を滑らせたんだよね?」


    「・・・どうして?・・・杏、わかんない。」


    「そうだよね、杏はわかんないよね?・・・うん、パパの見間違いだ。ハハハ、ママがこんな事になってパパはちょっとおかしいんだ・・・うん、杏があんな事するはずがない。」


    「・・・なあに?杏が何をしたの?」


    「あ、いや・・・杏がママを引っ張った様にパパには見えたんだ。あ、いや・・・杏、あれはパパの見間違いだ。うん、そうだ。」


    「・・・・ちぇっ・・・誰も見てないと思ったのに・・・・」


    「えっ?えっ?・・・杏、杏・・・・今なんと言ったんだ」


    「だって・・・杏、もうママ大嫌いになったんだもん。ママいらないもん。」


    な・・・・・嘘だ・・・八満仁寫は娘の口から出た言葉が信じられなかった。


    「・・・・ママと同じ様にパパもあたしにいじわるするの?・・・もうママの事なんか話したくない。」


    「な、なにを!この!」


    バシ!!バシ!!


    つい手が出た。


    「ぎゃ~~~~~~~!!!!!うわ~~~~~~~~ん!!!!!ぎゃ~~~~~~~!!!!!」


    「あ・・・・いや・・・杏、スマン・・・・」


    そう声を掛けだが杏は泣き止むどころか一層激しく泣き叫び続けた。


    すでにかれこれ10分ほど泣き続けて泣きつかれた頃優しく問いかけた。


    「杏、杏は何も悪いことはしてないよね?ママの事が大好きだったよね?」


    「え~ん・・・・大っ嫌いだもん。ママいらなくなったんだもん。」


    バシ!!

    今度は娘に対する愛情の教育で頬を叩いた。


    「ぎゃ~~~~~~~!!!!!うわ~~~~~~~~ん!!!!!」


    再び杏の声が響き渡る。


    「うわ~~~~~~~~ん!!!!!・・・もうパパもいらない。みんな死んじゃえばいいんだ。うわ~~~~~~~~ん!!!!!」


    バシ!!


    「うわ~~~~~~~~ん!!!!!・・・・パパも殺してやる。パパも殺してやる」


    その娘の目つきは私が知っている杏の目つきではない。

    悪魔が乗り移ったとしか思えなかった。


    ピンポ~ン・・・・ピンポ~ン・・・

    玄関のチャイムが鳴っていたがそれどころでは無かった。

    杏をどうやって言い聞かせればいいのか・・・杏を守らなければ・・・妻とお腹の子だけでなく、このままだと杏も失う事になる。


    「杏・・・ママの事は誰にも話しちゃダメだ。いいね、パパとお約束しなさい。」


    話していた時杏から目を離していた。


    「パパなんかもういらない!」


    そう言いながら杏が包丁を持ちだして私に向かって振り下ろした。


    「うわっ!・・・・」


    とっさに切っ先を避けて杏から包丁を取り上げた。

    その時部屋のガラスが割られて男たちが部屋に飛び込んで来た。


    「うわ~~~~~~~~ん!!!!!」


    杏の泣き声が響き渡る。


    「・・・やめるんだ!包丁を捨てろ!!!」


    「あ、いや・・・こ、これは・・・」


    「うわ~~~~~~~~ん!!!!!パパ、殺さないで~~~嫌だ~~~わ~ん・・・・」


    「あ、いや・・・杏、違うだろ?な、杏・・・」


    「やめろ!!娘さんにそれ以上近づくな!!!」


    「あ、いや、違いますって!!!!」


    その時私は間違った・・・・手に力がはいって包丁を振り上げてしまったのだ。


    「やめろ~~~~!!!!」



    パン!!!パン!!!





    私の眉間から血が溢れでた。

    真っ赤に染まる視線の先・・・杏の口元はやはりほころんでいた。





    閑話休題
    関連記事
    スポンサーサイト

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。