スポンサーサイト

     --, -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    天使たちのララバイ

     31, 2012 19:00






    「見習い10001番…前へ…」

    「はい!!」

    「うむ…今日からお前も天使の仲間入りだ。名を与える…ミカエル24世…どうじゃ、気に入ったかの…」

    「はい!!神様…ありがとうございます。偉大な名前を感謝致します…」

    「うむ…しかし、まだまだたくさん覚えなくてはならぬ事があるぞよ…その為にそちは先輩天使の手伝いを100年ほど務めよ。一人立ちはそれからじゃな。…どうじゃ、務めあげる自信はあるか?」

    「誠心誠意務めて、一年でも早く一人立ち出来るように努力致します…」

    「うむ…では、先輩天使ルシファーにつくように…」

    「だ、大天使様にお仕え出来るのですか?こ、光栄の極みにございます!!決してご迷惑お掛けしないよう全力を尽くします!!」

    「うむ…では、早速ルシファーのもとへ参るが良い…」

    「はい!!神様…ありがとうございました~!行って参ります!!」


    こうして私は天使として働き始めることになった…お仕えする先輩天使は大天使様…見習い1000天使に1天使の確率…私の優秀さを神様が認めて下さった証である。

    「よう♪ミカエル…」

    同期の見習い…いけすかないユダだ。

    「ああ、ユダか、お前はどなたにお仕えするのだ?」

    「ふふん…どうせ俺は出来損ないさ…ジジイは俺に先輩すらつけずにみんなのフォロー役をしろとさ!!」

    「罰当たりなやつめ!!神様をジジイ呼ばわりするとは…この不届き者!!」

    「ふん、そんなこ言ってる場合か・・・お前は追放されたんだぞ!」

    「な、何を言ってるんだ!俺は大天使様にお仕えするんだぞ!」




    「ばーーーーか!ルシファーは大天使辞めて悪魔になったんだぞ!」


    え~~~~~~~~~~~~~~~~!



    閑話休題



    ランキング参加しています。よろしければポチッとお願いします。
    _(._.)_
    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ショートショート
    人気ブログランキングへ

    ショートショート ブログランキングへ


    姉妹ブログで無料動画ステラ座やっています。お暇があれば覗いてみてください。


    こちらより




    ご訪問ありがとうございました。
    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag:*

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。